プロフィール
がん看護専門看護師・コンサルタントの梅田目恵です
梅田恵

 

 淀川キリスト教病院で看護師としてスタートし、1年間ホスピス病棟で勤務する機会を得ました。その経験から、医療や緩和ケアにおける看護へのニーズが多く潜在していると強く感じ、緩和ケアを通して看護の可能性を拡大していきたいと考えるようになりました。
英国での留学を終え、“場所を問わず緩和ケアが提供できるシステム構築”を目指し、一般病院である昭和大学病院に入職し、一般病院での緩和ケアの実践と一般病院から緩和ケア病棟や在宅ホスピスをつなぐ緩和ケアチーム活動に取り組んできました。緩和ケア診療加算により、緩和ケアチームは全国に増加してきており、緩和ケアチームでの看護師の役割の充実と安定が 求められるようになってきています。また、がん医療の問題点が浮き彫りになる中、がん患者へのサポート体制の見直しも必要になってきています。
 そこで、2006年9月より、①質の高い緩和ケアチームつくりのサポート②専門性の高い看護師の活用を推進③緩和ケアを必要とする患者・家族への相談とコーディネーション。を目的とした事業に取り掛かっています。 昭和大学病院緩和ケアチーム活動も非常勤スタッフとして継続しています。

これまでの経歴
  歩み PROFILE
1987年 3月 京都市立看護短期大学卒業
1987年4月 淀川キリスト教病院入職
1992年3月 聖路加看護大学卒業
1992年4月~ イギリスにて緩和ケア研修
1994年4月 昭和大学病院入職
1999年3月

聖路加看護大学院前期博士課程(がん看護専門看護師コース)卒業

2000年10月

日本看護協会 がん看護専門看護師認定(第16号)

2004年9月

聖路加看護大学臨床教授兼任

2006年9月

オフィス梅田開設

昭和大学病院非常勤看護師(緩和ケアセンター)

2008年1月

ナグモクリニック非常勤看護師

2009年4月

(株)緩和ケアパートナーズ設立 代表取締役就任

2014年3月

聖路加看護大学大学院博士後期課程 修了(看護学博士)

2014年11月

(株)緩和ケアパートナーズ 代表取締役退任

昭和大学大学院保健医療学研究科 教授就任

 

これまでの活動 ACTIVITY HISTORY

免許

看護婦国家免許 (昭和62年1987年6月3日)

保健婦国家免許 (平成5年1993年11月30日)

がん看護専門看護師(平成12年10月15日)


業績一覧表はこちら
緩和ケアパートナーズ
プロフィールボタン

コンサルタント

がん看護専門看護師

Megumi Umeda

RN, PHN, PhD, OCNS

関連リンク